お客様の安心・安全が第一のロックサービス竹内に何なりとご相談下さい。

tel.047-362-0535

営業時間 9:00~19:00(月~土) 10:00~18:00(日)

お問い合わせ

美和ロックサービス代行店SD

電子錠を住宅の玄関につけるメリット

防犯対策
2018.09.14

玄関の鍵を電子錠にして安心・快適な生活を

玄関の鍵の防犯性について、関心が高い方も多いと思います。
防犯性の高い錠前は、ピッキングや破壊行為などの不正開錠に効果を発揮します。しかし、いくら性能の良い錠前がついていても、正しく設置・使用されていなければ、せっかくの性能を発揮することはできません。
たとえば、日常生活において、鍵の締め忘れやゴミ出しなどちょっとした外出時に鍵を掛けずに出てしまったりといった「無施錠」は、 空き巣の侵入手段で一番被害数が多いとされています。
利便性を高めることで、防犯性を向上させる鍵の種類に、「電子錠」というものがあります。オフィスやホテルなどではよく見られる電子錠ですが、一般住宅にも採用されることが多くなりました。ここでは、電子錠とそのメリットについてご紹介します。

電子錠とは

電子錠とは

電子錠は、主に、カードや暗証番号で施錠・解錠を行う鍵のことです。
防犯性と使い勝手の良さを両立しているため、一般住宅やマンションにも多く採用されています。
また、種類が豊富なので、お住いの方のニーズや用途に合わせて機能を選ぶことができます。

・リモコンタイプ
クルマのキーのように、リモコンで施錠・解錠ができます。
 
・カードタイプ
カードをかざしたり、カードを差し込んだりすることで施錠・解錠ができます。
 
・指紋認証タイプ
センサーに指で触れ、指紋を認識させることで施錠・解錠ができます。
 
・暗証番号タイプ
設定した暗証番号を入力することで施錠・解錠ができます。

電子錠(キーレス錠)のメリット

電子錠(キーレス錠)のメリット

ここでは主に、一般的な電子錠のポピュラーな機能から、そのメリットをご紹介します。
電子錠は、主に金属のキーを使わず、カードや暗証番号で解錠できる特徴を持つことから、「キーレス錠」と呼ばれる場合もあります。

・オートロック
オートロック機能がある電子錠の場合、鍵の締め忘れをせずに済むようになり、結果として防犯性は向上します。
暗証番号や指紋認証タイプの電子錠であれば、カードキーを持ち歩く必要がないため、ゴミ出しなど、短時間の外出時に、いちいち鍵を持たなくて済むので便利です。
 
・鍵の紛失や盗難、複製の心配がない
鍵を持ち歩く必要がないため、鍵の紛失・盗難・複製などのリスクが軽減されます。
事前に暗証番号の設定や指紋の登録をしておくだけでいいので、お子さまに鍵を持たせる心配がありません。

・停電時にも対応
電池駆動の製品が多いので、災害などで停電した場合でも、施解錠することができます。
また、電源などの配線工事がいらないケースも多く、住居の美観を損なうことなく、スマートに導入することができます。

住宅の玄関は、家族を温かく迎え、送り出す大切な役割を持っています。なので、「招かれざる者」への対策もまた重要になってきます。日々当たり前のように使うものや生活習慣に対しては、無意識になりがちです。これを機に、ご自宅の防犯設備や生活習慣を確認してみましょう。また、電子錠に限らず防犯設備は、正常な機能を保つために、設置後も定期的なメンテナンスが大切です。
少しでも気になるところがあれば、すぐにご相談ください。

「錠」と「鍵」の表記について
錠前(錠・ロック・lock)は、扉などに取り付けて締める金属、機械的または電子的な部品をいいます。 鍵(かぎ・キー・key)は、錠前を施錠・解錠する(操作する)ための器具をいいます。
ここでは便宜上、日常的な会話に合わせて、鍵と錠前をまとめて「鍵(かぎ)」と記載している場合があります。