お客様の安心・安全が第一のロックサービス竹内に何なりとご相談下さい。

tel.047-362-0535

営業時間 9:00~19:00(月~土) 10:00~18:00(日)

お問い合わせ

美和ロックサービス代行店SD

侵入犯罪の手口「サムターン回し」対策法

防犯対策
2018.10.12

サムターン回しとは? サムターン回し対策について

空き巣などの侵入犯罪手口のひとつである「サムターン回し」。
ピッキングをはじめとする、シリンダー(鍵穴)に対する攻撃への備えも大切ですが、サムターンへの対策もおろそかにはできません。ここでは、サムターン回しとはどのようなものか、また、その対策法にはどのようなものがあるのかご紹介します。

サムターン回しとは

 
ドアの内側(室内側)から鍵の開け閉めを行うために使う金具(ツマミ)のことを「サムターン」といいます。そのサムターンを特殊な工具を使って、室外側から回して開ける手口が「サムターン回し」です。手口には次のようなものがあります。

ドアの隙間から特殊な工具を入れる

ドアと壁の隙間から特殊な工具を入れてサムターンを回す手口です。
痕跡が残りにくいため、空き巣に入られていても気づかないというパターンも多いです。

のぞき穴から特殊な工具を入れる

ドアについているのぞき穴(ドアスコープ)を外して、その穴から工具を入れる手口です。
のぞき穴には室外側から外せるものもあるので、外れてしまえば、小さい穴からでも工具を入れてサムターンを回されてしまいます。

ドアに穴をあける

電動ドリルなどでドアに穴をあけ、そこから特殊な工具を差し込んでサムターンを回す手口です。

郵便受けを壊す

ドアについている郵便受けを壊して、そこから手や工具を入れてサムターンを回す手口です。  

サムターン回し対策法

 
サムターン回しによる空き巣被害に遭わないよう対策を取りましょう。


補助錠をつける【1ドア2ロック】

ドアにもうひとつ鍵をつける方法です。空き巣は侵入に時間がかかりそうな家を避ける傾向があるとされ、鍵が2つ付いていることが外から見えることで、空き巣の標的対象から外れる可能性が高まります。これにより、ドアに穴をあけられたり、郵便受けを壊されたりすることによる修復費用の発生を抑えることも期待できます。
 
 

サムターンにカバーをつける

サムターンに対策用のカバーを装着することで、室外側からのサムターン操作を防止する方法です。


サムターン回し対策済みのサムターンに交換する

サムターンについたボタンを押しながらでないと回らないものや、軽く押し込まなくては回らないものなど、対策が施されているサムターンに交換する方法です。工具を引っかけるだけでは回らなくなるので、安全性が高まります。
 

空き巣などの侵入被害に遭わないためには、ピッキング対策だけではなく、サムターン回しについても対策をしておくことが必要です。ここで紹介したことを参考に、安全・安心を考え、しっかりサムターン回し対策を行うようにしましょう。

「錠」と「鍵」の表記について
錠前(錠・ロック・lock)は、扉などに取り付けて締める金属、機械的または電子的な部品をいいます。 鍵(かぎ・キー・key)は、錠前を施錠・解錠する(操作する)ための器具をいいます。
ここでは便宜上、日常的な会話に合わせて、鍵と錠前をまとめて「鍵(かぎ)」と記載している場合があります。